友だち追加

出産後に行う手続き一覧/夫がやるべき5つの届出!!/出産一時金の申請

出産後の手続き
この記事は約5分で読めます。

この記事は約 5 分で読めます。

出産を控えて、色々と不安な事ありますよね・・・

その中の1つとして、出産費用があると思います。

出産費用って、けっこう高いんですよね。

 

出産自体が医療行為ではないから。。。

実際にどのくらいの出産費用が掛かるかは、病院によって異なります。

でも、公立病院よりも開業医の方が高いのは事実です。

 

で、この高額な出産費用を助成する制度が出産一時金なんです。

出産一時金は、申請をする必要がある助成なので、忘れないようにしてくださいね。

出産後の手続きは、出産一時金以外にもありますから、他の申請も忘れずに行いましょう!!

 

出産後の手続き一覧は、

①出生届け

出産後に行う手続き一覧/夫がやるべき5つの届出!!/出生届編
ついにこの日がやってきました!! 我が子の誕生です!! 私は、ちょうど休みの日に妻の陣痛が始まったので、陣痛開始から出産まで立ち会うことができました!! 生まれた瞬間は、感動もので言葉を発すると涙が出そうだったので、喋ることが出来...

②児童手当申請

出産後に行う手続き一覧/夫がやるべき5つの届出!!/児童手当申請編
待望の我が子との対面 でも・・・ 「親になった」という実感がまだ湧かないお父さんも多いんじゃないですか?? 私がそうでした(笑) 我が子と対面をして、 あ~俺にも子供ができた。 という気持ちはあったんですが、いかんせん「父親...

③乳幼児医療費助成の申請

出産後に行う手続き一覧/5つの届出!!/乳幼児医療費助成申請編
お子様のご誕生おめでとうございます。 お子様が誕生したら、急いで手続きをしないといけないものがあるんです。 中には、提出までの日数が決められているものもあります。 そんな、出産後に行う手続きの一覧は、 ①出生届け ②児...

④健康保険への加入

出産後に行う手続き一覧/夫がやるべき5つの届出!!/健康保険加入
新しい命の誕生♪ ほんと嬉しいですよね。 私も出産に立ち会いましたが、感動で声も出ませんでした。 出産が無事に終わると、諸々の手続きが必要になってきます。 その出産後の手続きは、産後疲れの奥様に代わって、ご主人であるあなたがやる...

⑤出産一時金の申請

 

となります。

ここでは、⑤の出産一時金の申請についてお話します!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

そもそも出産には、いくらお金がかかるの??

syussan_akachan

先ほども言ったように、出産は医療行為ではないので健康保険の適用外となります。

その為、出産一時金という別制度があるんです。

 

出産にかかる費用は一般的に、40~50万円かかります。

私の妻は、県立病院で出産しましたが、費用は50万弱でした。

 

しかも、安産で特別に何か処置があったわけでもなく、普通に出産してこの金額です。

もし、出産の時間が深夜や早朝になった場合は、別途時間外診療の料金を請求されることもあります。

 

他にも、生まれたばかりの子供に何か処置が必要な場合にも、追加料金が発生します・・・

ほんと、出産ってお金が必要です。

 

でもお金がかかるばかりと考えると、出産に躊躇してしまう方もいると思うので、そこを助成してくれるのが出産一時金となります。

この出産一時金は、現在は子供1人あたり42万円が支給されます。

もし双子や三つ子の場合は、2倍・3倍となります。

よって、日中安産で生まれた場合には、出産一時金の42万円の中で納まるかもしれませんね。

なので、出産後の手続きでバタバタしないよう、事前に出産一時金の申請はしないといけません!

出産一時金を受け取る為の条件

document_syorui_pen

出産一時金を受け取ろうと思ったら、最低限クリアする条件があります。

●国民健康保険・健康保険に加入している

●妊娠85日以上(4か月以上)での出産

※妊娠が85日以内(4か月以内)での出産になった場合は、出産一時金が40.4万円に減額されます。

 

この条件をクリアしていれば、出産一時金の申請が出来ます。

私は、サラリーマンでしたので、会社の社会保険に加入していました。

出産一時金の申請方法・申請先

eto_tori_couple

出産一時金は、家庭の健康保険の加入状況で申請場所が変わってきます!

 

●妻が会社員又は公務員の場合
妻が勤めているのであれば、若しくは退職後6か月以内の場合は、妻の勤め先の健康保険へ申請をします。
勤務先の健康保険窓口へ申請しましょう。

 

●妻が専業主婦・夫会社員又は公務員
妻が専業主婦・若しくは退職後6か月以上経過しているようであれば、夫の健康保険へ申請するようになります。
夫の健康保険の窓口へ申請しましょう。

 

●妻が専業主婦・夫自営業の場合
妻が専業主婦・若しくは退職後6か月以上経過している。夫が自営業の場合には、国民健康保険への申請となります。
住んでいる自治体の健康保険の窓口で申請をしましょう。

このように、夫婦の現在の健康保険の加入状況によって、申請場所は変わってきますので、事前に確認しておきましょう。

出産一時金の受け取り制度は2通りある

denkyuu_on

出産一時金って、自分で申請するだけじゃないんです!

実は、出産する病院が申請をして受け取りをする

直接支払制度

というのがあります。

ちなみに、自分で申請をして受け取るのを、代理受け取り制度と言います。

 

直接支払制度とは、病院が患者の代わりに健康保険に申請をして、病院側が直接受け取る制度です。

 

これは、病院によって対応しているかどうかは変わってきますが、直接支払制度をりようすれば、わずらわしい手続きをしなくて済むので、出産に集中できます!

 

直接支払制度を利用する際は、病院側が用意する書類に署名するだけでOKです。

ちなみに、出産費用が42万円を超えなかった場合には、差額を受け取ることが出来ます。

今は、この直接支払制度を導入している産院がほとんどだと思います。

帝王切開の場合の、出産一時金は??

場合によっては、出産が帝王切開になってしまうこともあるかと思います。

そんな時でも安心してください!!

帝王切開でも出産一時金は受け取ることが出来ます。

さらに、帝王切開は医療行為なので、奥様のの生命保険からも手術代などが支払われます!

まとめ

出産一時金とは、出産する方の金銭的負担を軽減するための助成制度です。

国保や社会保険に加入していれば、受け取ることができるので、ここは、確実に受け取りをしてくださいね。

出産後に手続きでバタバタしないためにも、出産前から下準備をしておくことをおすすめします!

出産一時金の直接支払制度を利用することで、退院時の現金での支払いをする手間も省けますよ!!

コメント

  1. […] 出産後に行う手続き一覧/夫がやるべき5つの届出!!/出産一時金の申請 […]

タイトルとURLをコピーしました