趣味・教養

タイヤの交換を自分でやろう!!案外簡単!!タイヤ交換のやり方!!

更新日:


スポンサードリンク

この記事は約 8 分で読めます。

 

 

季節の変わり目・・・・妻の一言から始まりました・・・

 

妻「あんた!!タイヤ交換しといて!!!」

夫「タイヤ交換なんて、スタンドに頼めよ・・・」

妻「スタンドに頼んだらいくらかかると思ってるの!!」

夫「・・・・(;一_一)」

 

たしかに、タイヤ交換をスタンドなどに頼めば、

軽自動車でも3千円~4千円はかかりますよね。

 

それが、春と冬の年二回あると考えると

家庭には痛い出費となります(@_@;)

さらい、車を複数台所有していたら・・・

 

 

ということで、今回タイヤ交換をやってみました。

とても簡単にできますので、ぜひチャレンジして

家計節約に貢献してくださいね(^_^)/~

 

 

まずは道具の確認

タイヤ交換に必要な道具は、基本的には

車載工具

で十分です。

img_2130

 

↑写真の中の左3個が車載工具になります。

 

車載工具は、車のトランク部分などに積まれているかと思います。

 

車載工具以外で、あったほうがいいのは、

写真の右2個

・軍手

・パーツクリーナー

です。

 

 

軍手は、手の怪我防止と油汚れ対策として付けるようにしましょう。

パーツクリーナーは、ホームセンターで150円~200円くらいで販売されています。

 

 

タイヤ交換開始!!タイヤを外そう

さて、タイヤを外すためには、まずホイールキャップを外す必要があります。

※ホイールキャップが付いていない人は、ここはスルー(笑)

 

ホイールキャップは、力任せに外そうとするとツメが折れてしまう
ことがありますので、

ホイールキャップの縁に沿って外していくようにしてください。

 

 

ホイールキャップが外れたら、ナットを軽く緩めます。

その際に、車載工具の一つを使用します。

img_2135

 

このように、工具をナットにかけて反時計回り(左回り)に回してください。

ナットが回りにくい場合には、工具に体重をかけて回しても大丈夫です。

 

さて、4個から5個付いているナットを全て緩めたら、

次はジャッキアップです。

車載工具のジャッキを使用しますが、ジャッキアップには注意が必要です。

 

img_2131

 

写真のように、車には「ジャッキポイント」というジャッキをかける場所が決まっています。

 

ここ以外にかけてしまうと、鉄板の歪みなどが出てしまいますので、ジャッキポイントにかけるようにしてください。

 

目印として、大抵は欠き込みがあったりしますが、もし見つからない場合には、車の取説に場所が書いてあります。

img_2132

 

 

このようにジャッキをかけたら、いよいよジャッキアップします。

 

 

ジャッキアップも、車載工具で対応できます。

 

img_2133

 

このように車載工具を繋げることで、ジャッキアップのハンドルが出来上がります。

 

ハンドルを右に回していけば、ジャッキが上がっていき、タイヤが浮いてきます。

タイヤが地面から5センチ~10センチ浮いたらOKです。

緩めてあるナットを手で外して、タイヤを取り外してください。

タイヤ交換 ここまでの間での注意点

・ホイールキャップを力ずくで外そうとすると、ツメが折れてしまうことがあるので、キャップの縁に沿って外していく。

・車にジャッキをかける際には、ジャッキポイントにかける!!
※ジャッキポイントが分からないときは、車の取説で確認をする。
間違っても、適当な場所にジャッキをかけない。

 

タイヤが外れたら、パーツクリーナーの出番

タイヤは無事に外れましたか??

 

ごく稀に、タイヤとブレーキ部分がくっついていて外れにくくなっている場合があります。

 

その際には、タイヤの内側から蹴りを入れると、外れることがあります。

蹴る際には、タイヤのゴムの部分を蹴るようにしてくださいね。

 

 

さて、タイヤが外れたら、ボルトとナットを綺麗に掃除しましょう!!

この時に使うのが、パーツクリーナーです。

img_2136

 

img_2137

 

 

パーツクリーナーを使って、ボルト・ナットに付着している、

・錆

・砂

などの汚れを落としてやります。

この作業は大切なので、やっておいて損はないです。

パーツクリーナーで清掃する理由

ボルトやナットの部分には、錆や砂などの汚れが溜まりやすいんです。

 

これを放置して、次にタイヤを取り付ける際にボルトを填めると、

砂や錆がねじ山に食い込んで、ねじ山を潰してしまう原因になります。

 

ねじ山が潰れると、ナットを付けることも外すこともできなくなり、

こうなってしまっては、車屋に持ち込むしかなくなり、

余計な出費をすることになります。

 

 

いよいよタイヤ取り付け

ここからの作業は、外す時と逆の流れですので、わかりやすと思います。

 

①タイヤをハメよう!!
ボルトとホイールの穴を合わせて、合う位置で差し込みます。

 

②ナットの取り付け
ナットは、まず手で仮締めをしていきます。
この時に、ねじ山がズレナイように手で確認ながら回していきます。
ナットなスッと回って入っていけば、問題ありません。

SPONSORED LINK

 

※万が一、ナットが回らなくなったら、一度外してみてやり直してください。
無理やりナットを回すと、ねじ山を潰す原因になってしまいます。

※もしナットの回りが悪いようなら、CRCなどの潤滑剤を少しだけ吹きかけてみてください。

 

 

③仮締めが終わったら、工具で軽く締める
手での仮締めが終わったら、車載工具を使用して締めてください。

 

※工具でナットを締める時は、対角線上に締めていくようにしてください。

(例)
1番目に締めたナットの対角線にあるナットを2番目に締める。
3番目は、2番目に締めたナットの隣。
4番目は、3番目の対角線のナット

 

この順番でナットを締める理由は、

取り付けるタイヤを、車軸の真ん中に持っていく為です。

 

対角線上に締めていくことで、ホイールが真ん中に寄っていくのが見ていて感じられるかと思います。

 

 

タイヤを取り付けたら、あと少し!!

さて、タイヤの取り付けまで終わったら、ジャッキを下げてください。

 

ジャッキを下げて、ジャッキを外したら、

工具を使って、ナットの増し締めをしてください。

 

グッと工具に体重をかけて回す程度で大丈夫です。

 

最後に、ホイールキャップを取り付けて作業完了です。

しかし、ホイールキャップにも向きがあることをご存知ですか??

 

img_2139

 

ホイールキャップをよく見てみると、写真のように欠き込みがある部分があります。

 

実は、この欠き込み部分がエアーバルブの部分にくるようにキャップを取り付けるんです。

img_2141

 

このようにキャップを取り付けたら、タイヤ交換の作業は完了です!

 

とても簡単なタイヤ交換のやり方ですよね??

これで、家計に貢献できますね(笑)

 

ETCカードの作り方って!?銀行系がおすすめ?いやいや!!おすすめは○○!!

 

タイヤ交換を楽にするアイテム

今回のタイヤ交換のやり方は、車載工具を利用したやり方をご説明しましたが、

別売りの道具を利用することで、もっと作業が楽になるんですよ!(^^)!

 

【油圧ジャッキ】

これを利用すると、車のジャッキアップが格段に楽になります。
ハンドルをグルグルと回さなくてもよくなりますからね(笑)

 

 

【インパクトレンチ】

100Vの家庭電源で使用できるので、自宅でのタイヤ交換がスムーズに行えます。
これまた、手でナットをグルグルしなくてよくなります(笑)

 

 

これはあるといいのですが・・・

【トルクレンチ】

タイヤ交換のやり方の中で、最後のほうの工程となる、増し締めなんですが、

「体重をグっとかける」

と説明していた部分ですね。

 

本当は、この工程はトルクレンチを使用するほうがいいんです。

 

 

タイヤは、一定のトルク(力)で締めてあれば大丈夫なので、過剰な増し締めをする必要はないんですね。

 

このトルクレンチというのは、一定の力で締めることができるので、タイヤ交換にはあったほうがいいんです。

 

お店などでタイヤ交換をしてもらった時も、お店の人は最後にこのトルクレンチを使用しています。

※ナットの過剰な増し締めは、ねじ山などに悪影響となります。

 

ここまでご紹介した工具を準備してあれば、タイヤ交換が格段に楽になりますよ!(^^)!

 

ETCカードの作り方って!?銀行系がおすすめ?いやいや!!おすすめは○○!!

 

 

まとめ

タイヤ交換は、やり方さえ知っていれば簡単に自分でできます。

お店に数千円払っていたものが浮きますよね。

それにタイヤ交換のやり方を知っていれば、万が一出先でパンクをしても、自分で処置できますよ!(^^)!

パンクごときで、JAFを呼ばなくてもいい(笑)
・タイヤ交換は車載道具で対応可能!!

慣れてくれば、タイヤ1本を5分程度で交換できますよ。

 

各項目で上げている注意点のみ気を付ければ、特に難しいことはない作業となります。

お金をかけずに、自分でタイヤ交換をすると車に対しても愛情が湧いてきますよね(笑)

鬼嫁より可愛く見えてくるかも(^○^)

 

ぜひ、あなたもここで見たやり方を参考に、タイヤ交換をしてみてくださいね(^_^)/~

 

スポンサードリンク

-趣味・教養,

Copyright© 役立つ情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.