イベント 季節のイベント

除夜の鐘と煩悩ってどう繋がるの?108回にどんな意味が?お答えします!!

更新日:


スポンサードリンク

この記事は約 4 分で読めます。

大晦日に聞こえてくる除夜の鐘。

この除夜の鐘は108回つくと聞いたことがあると思います。

 

この108回は煩悩の数だと言われていますが、
正直なところ、

除夜の鐘
煩悩
108回

って繋がりが分かりにくいですよね。。。。

 

そこで、除夜の鐘の際に鐘を108回つく理由

それが煩悩に繋がる理由を調べてみました。

 

スポンサーリンク


除夜の鐘の由来って??

除夜の鐘とは大晦日の12月31日から1月1日にかけて

鳴らされる鐘の事を言います。

 

除夜の鐘をつく行いは、鎌倉時代に中国から伝わったと言われています。

 

「除夜」というのが「一年最後の日」という意味であり、

一年最後の日の鐘だから「除夜の鐘」と言うのだそうです。

 

ちなみに、除夜の鐘は12月31日に107回ついて

1月1日に最後の1回をつくのだそうです。

 

※宗派によって、異なる部分もあるかと思います。

スポンサーリンク


除夜の鐘を108回つく理由は??

除夜の鐘を108回つくのだという事はご存知だと思います。

 

そして、108回が煩悩の数と言われているのも知っていますね??

 

では、この108という数字はどこからきたのでしょう??

 

108は煩悩の数という説

煩悩の数が108という説が、一番あなたに
しっくりくる説ではないでしょうか。

 

しかし、それは「そう聞いていたから」という
理由になると思います。

 

では、煩悩の数が108である理由を見てみましょう。

 

この煩悩の数が108というのは、仏教の教えから来ているようです。

 

6つの物理的な欲

・貪欲(とんよく)
生まれる前から身に付いている欲

SPONSORED LINK

 

・瞋恚(しんに)
自分自身(我欲)を通そうとすることで問題が起き、
結果、腹が立ったり憎んだりすること。

 

・愚痴(ぐち)
あなたも言いますよね??
思い通りにならない時に愚痴ることです。

 

・慢心(慢心)
自分の思い通りになって優越感をもつこと

 

・疑惑(疑惑)
愚痴を言う事が多く、その結果妄念がわき
妄念が疑惑を生むことです。

 

・邪見(じゃけん)
他人を疑い、周りが信じられなくなること。

 

続けて、六識という感覚があると言われています。

眼識(目)

耳識(耳)

鼻識(鼻)

舌識(舌)

身識(身)

意識(意)

ここまでの六煩悩六識が【過去】【現在】【未来】へとおよぶとされています。

 

六煩悩 × 六識 × 過去・現在・未来

6×6×3=108

 

ということで、煩悩の数が108あるとされています。

 

その他の説として

1年を表す説

1年間の月数と二十四節季、七十二候を足した数と言う説です。

 

二十四節季とは、1年間を24の季節へ分けたものとなります。

 

七十二候とは、二十四節季をさらに3つに分割したものです。

 

1年間の月数 + 二十四節季 + 七十二候

12+24+72=108

という説です。

 

さらに違う説として

 

四苦八苦を表す説

鐘をつくことで四苦八苦を取り除くという説になります。

 

四苦 4×9=36

八苦 8×9=72

36+72=108

という説です。

 

ここまでが、108の根拠となる比較的有名な説になります。

スポンサーリンク


煩悩を捨てるってどういう意味??

煩悩とは、人の心を惑わせる原因になるものを指します。

 

一般的な煩悩とは、ここまででご説明してきたものですね。

 

実は、仏教の教義において欲は「生きる力」と記されていて、
欲を持つこと自体が否定されているわけではないんです。

 

しかしながら、欲が強すぎる(過ぎた欲)と、自分自身をコントロールできなくなります。

 

その結果として、自分だけではなく他人までも傷つけてしまう事になります。

 

このことから、

欲を持つよりも欲を達成しようとすること執着すること

仏教的な煩悩に近いと言われています。

 

除夜の鐘をついて払う欲と言うのは、欲を否定することではなく、

過ぎた欲を消し去るということになるようです。

SPONSORED LINK

-イベント, 季節のイベント

Copyright© 役立つ情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.