友だち追加

お正月の歌の歌詞が分からない!!「年の初めの・・・」続きはこうだよ!!

お正月
この記事は約3分で読めます。

この記事は約 3 分で読めます。

お正月の歌の歌詞が分からない・・・

「年の初めの・・・」

ここまでは、分かりますよね??

この先の部分で悩んでる方多いと思います。

お子さんに歌ってあげたいですよね。

そこで、お正月の歌の歌詞をお伝えしますね^^

スポンサーリンク


スポンサーリンク

お正月の歌「年の初めの・・・」題名は?作者は?

お正月の歌で「年の初めの・・・」で始まるからといって、題名が【年の初め】ではないですからね。

この歌の曲名は、【一月一日】

ちなみに、【一月一日】の読み方は

「いちげついちじつ」と読みますので、「いちがつついたち」と読まないようにしましょうね^^;

作詞は、出雲大社【いずもおおやしろ・いずもたいしゃ】の宮司であった、千家尊福(せんげ たかとみ)さんが作詞をされました。

この歌自体は、お正月の【新春かくし芸大会】などで使われているので、とてもなじみ深いですよね^^

テレビではよく聴くのに、歌詞は覚えていないんですよね・・・

【気になる記事】
https://yakudatu-hanasi.net/archives/697.html

出雲大社への初詣は渋滞との戦い!!便利な抜け道教えます!!
初詣でに出雲大社へ訪れる方は、本当に多いです!! 山陰地方の方はもちろん行きますし、県外からも、飛行機を使って初詣に来られる方は、たくさんいます。 そんな人気神社の出雲大社ですが、そこへ初詣に車で行けば、正月三が日は間違いなく渋滞に...

お正月の歌「年の初めの・・・」歌詞全文

さて、お正月の歌の「年の初めの・・・」の続きの歌詞を書いていきますね^^

1番

年の始めの例(ためし)とて
終わりなき世のめでたさを
松竹(まつたけ)たてて門(かど)ごとに
祝う今日こそ楽しけれ

2番

初日のひかり さしいでて
四方(よも)に輝く 今朝のそら
君がみかげに比(たぐ)えつつ
仰ぎ見るこそ 尊(とお)とけれ

では、実際に聴いてみましょう☆

 

いや、ほんといい歌ですよね^^

お正月の歌【一月一日】の楽譜

お正月の歌の【一月一日】歌詞入りの楽譜をご用意しました。

家でお子さんと一緒にピアノで弾いてもいいですよね。

 

一月一日の歌詞の意味は??意訳になりますが・・・

やはり歌ですので、歌詞の意味を知っておきたいところですよね。

子供に「どんな意味」って聞かれた時の為に^^;

 

1番

「一年の初めの 恒例の風習として

この天皇の御代が終わりなく繁栄し続けるめでたい願いを

門松を家々の門に立て並べて

ご近所みんなでお祝いする今日は 実に楽しいなあ」

2番

「一年の初めの朝の光がそらに差し込んで

四方がくもりなく輝いている めでたい正月の空であることよ

この輝かしい空のありさまを 天皇のお姿になぞらえながら

こうやって空を仰いでみることは 改めて天皇の御代を称える尊い気持ちになることよ」

やはり戦前の歌ですよね^^;

歌詞に【天皇】と出てきて、天皇を称える歌詞であるところが。

まとめ

お正月によく聴かれる歌の、【年の初めの・・・】
とは、戦前に作られた【一月一日】という曲名の歌になります。

多くに日本人に親しまれてきた歌であり、これからも残していきたい歌ですよね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました