友だち追加

プール熱に大人が感染した時の症状!!出勤しても大丈夫!?読んでください!!

生活・健康
この記事は約4分で読めます。

この記事は約 4 分で読めます。

大人である自分がプール熱に感染してしまった場合、

どんな症状が出るのか、会社に出勤してもいいのか??

そんな疑問にお答えします!!

プール熱に感染した時は、会社に出勤できるのか!?

プール熱は子供に多い感染症で、90%は子供が感染しています。

残りの10%は、プール熱に感染した子供から家庭内の二次感染で大人へ感染します。

プール熱に大人が感染してしまった場合は、仕事に出勤して良いのか。

という疑問に関しては、

大人の場合は、出勤停止にする決まりはない

ということになります。

子供の場合では、学校保健法で

症状が落ち着いてから2日経過するまでは、登園・登校できない。

という決まりがあります。

【関連記事】

アデノウィルスに子供が感染した!!症状は!?感染後の対処などご紹介!!
アデノウィルスに子供が感染したらちょっと大変!アデノウィルスは感染力の強いウィルスと言われています。そこで子供がアデノウィルスに感染した時の対処法をお伝えします。

感染力が強いプール熱!!

プール熱というのは、アデノウイルスというウイルスによって感染します。

このアデノウイルスは、感染力が強く、さらに抗消毒剤が高いウイルスです。

家庭内での二次感染の原因としては、子供が学校で感染してしまい、家庭内でタオル・洗面器などの共有が原因で大人にも感染します。

さらには、ドアノブのような場所に付着したウイルスが、10日以上も感染力を維持すると言われています。

プール熱の感染経路は??

プール熱の感染経路としては、

■飛沫感染:感染者の咳やくしゃみなどの唾液の飛散に含まれるウイルスを吸い込む

■接触感染:感染している人の皮膚や粘膜、汚染物に触れる

■糞口感染:汚染された物や感染した人の汚物などに触り、手から感染する

このような感染経路から、大人が子供のお世話をしてる時や、同じ家で暮らしていることで、子供が触った物から大人にもプール熱が感染していきます。

プール熱に感染した大人は、子供のように出勤停止などの決まりはないので、ご自身で判断をして、対策をする必要があります。

プール熱感染後に出勤するなら気を付けたい事

プール熱に感染したけど仕事は休めない・・・

このような方も多いかと思います。

もしプール熱に感染してしまったのに仕事に出なければいけなければ、会社内で感染拡大を防ぐために、

■マスクの着用

■手洗いの徹底(消毒)

■うがいの徹底

このような対策をご自身でする必要があります。

プール熱の主な症状は?

プール熱の主な症状としては

■高熱:39℃~40℃の高熱が4日~7日続く

■のどの痛み

■結膜炎(目の充血・目ヤニ・かゆみ)

このような症状があります。

全ての症状が出ることもあれば、一部の症状しか出ない場合もあります!

その他にも

■咳・鼻水・鼻づまり

■腹痛・下痢・嘔吐

■食欲不振・倦怠感・関節痛

などの一般的な風邪の症状を伴うこともあります。

【プール熱の潜伏期間】

アデノウイルスの潜伏期間としては

5~7日間

と長いのが特徴です。

潜伏期間から完治するまでは、他の人へ感染させる可能性があります。

症状が治まった後も、1週間程度は便などの排泄物にウイルスが残っていると言われるので、

その期間も他の人へ感染させる恐れがあります。

【関連記事】

結膜炎の潜伏期間と主な症状!!結膜炎の症状化も!?と疑問を感じたらチェックしてみよう!
結膜炎の潜伏期間や主な症状は!?結膜炎かも?と気になる方はチェックしてみてください。結膜炎(プール熱)には主だった症状があります。

プール熱に感染した際の対処法

プール熱の原因であるアデノウイルスに対しては、まだ特効薬が無いので、基本的には症状に応じた対処をしていくことになります。

■高熱:必要な場合は解熱剤を使う

■のどの痛み:のどの炎症を抑える抗炎症剤

■結膜炎:目薬など。眼科医に相談

■脱水症状:ひどくなれば、点滴などで対応

プール熱の診断などは、医師の判断が必要ですので、感染が疑われる場合には、まず内科医を受診しましょう。

検査自体は、鼻などから粘膜を採取して検査します。

15分程度の検査で結果が出るので、感染が疑われるときには、早めに受診してください。

スポンサーリンク

家庭内でプール熱二次感染予防策

 

大人がプール熱に感染する一番の原因は、

家庭内での二次感染

です。

なので、この二次感染を予防することで、大人がプール熱に感染するリスクを減らすことができます。

■感染者との密接な接触をしない

■タオルや洗面器などの共有をしない

■洗濯物は別に洗う

■おもちゃなど子供がよく触る物は消毒をする

■便やおむつなどは、しっかりとビニール袋に入れて処理をする

■手洗い・うがいの徹底

上記は、家庭内に感染者がいる時の二次感染予防策です。

 

【日常生活での感染予防】
■石鹸で手洗い・うがいの徹底

■人ごみはマスクで予防

■プール後はシャワーで洗い流す

■目も洗い、目薬を利用する

子供がプール熱に感染しないよう、しっかりと指導していきましょう。
https://yakudatu-hanasi.net/archives/1216.html

まとめ

プール熱に大人が感染した場合は、

大人は仕事へ出勤できない

という決まりはありません。

しかしながら、感染力が強いプール熱。

職場で同僚を感染させないためにも、出勤するのであれば、しっかりとした対策をとる必要があります。

コメント

  1. […] プール熱に大人が感染した時の症状!!出勤しても大丈夫!?読んでください!! […]

タイトルとURLをコピーしました