友だち追加

赤ちゃんの夏の服装って悩みますよね!?その悩み解決します!!赤ちゃんは汗っかき

ベビー用品
この記事は約3分で読めます。

この記事は約 3 分で読めます。

夏場の赤ちゃんの服装って悩みますよね??

育児書などには、
「赤ちゃんは大人より1枚少なく」

なんて書いてありますが、新米ママからしたら薄着にさせるのは不安ですよね。

そこで、赤ちゃんの夏場の服装についてお話していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの体温調節機能は未発達!!

大人は、暑くなれば汗をかいて体温調節をします。

でも赤ちゃんは、汗をかく汗腺が未発達のため、うまく汗で体温調節ができません・・・

ですので、着てる服が少なすぎれば風邪を引き、多く着すぎれば顔が赤くなり汗をかきます。

 

新米ママには、着せる服の枚数に悩んでしまいますよね・・・

でも!!

赤ちゃんの体温調節はパパママの大切な仕事の一つなんですよ。

【赤ちゃんの体温が上がりすぎるリスク】

赤ちゃんの体温が上がりすぎると、熱をうまく放出できず「うつ熱」という状態になったりしてしまい、SIDSという突然呼吸が止まるリスクが高まります。。。。

でも一番は、暑くて汗をかきあせもができてしまうことで、体がかゆくて赤ちゃんに不快な思いをさせてしまいます・・

特に夏場は、赤ちゃんはあせもができやすいので、十分注意をしてあげましょう。

 

【関連記事】

赤ちゃんのあせも!!防ぐための対策5つの対策!!赤ちゃんを守ってあげよう!!
赤ちゃんはあせもができやすいんです。そこで赤ちゃんのあせもを防ぐための対策を5つご紹介します。赤ちゃんをあせもから守ってあげましょう。

夏だからこそ赤ちゃんには肌着が必要!!

大人は夏に肌着を着ずにすごく人が多いいですが、赤ちゃんんお場合は別です!!

肌着の役割は

「汗取り」です!!

夏は汗をかきやすい時期ですので、汗が吸収されないと汗が冷えて体温を奪われ、夏なのに体が冷えてしまいます・・・

なので、体温調整機能が未発達な赤ちゃんには、夏でも肌着が必要になります。

肌着は必ず着せてあげましょう。

赤ちゃんの肌着の選び方

・赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、肌触りの良いものを選びましょう。

・吸水性がよく通気性の良い物にしましょう。

・重ね着で調整できるように、なるべく薄手の物を選んでください。

・何度も選択することになるので、耐久性があるものが長く使えますよ。

スポンサーリンク

赤ちゃんの夏の服装は、家と外出時では違うんです!!

赤ちゃんの夏の服装で悩むのが、自宅と外出時の服装です。

自宅ではエアコンの温度などで室温を調整できるので、肌着1枚でも大丈夫です。

しかし、外出先では車の中・電車の中・お店の中で温度が極端に違ったりします。

車の中では、少し暑いくらいでも、電車やお店ではキンキンにエアコンが効いていることがあります。

 

そんな時の為に、外出時は肌着にベビーウェアを着せてあげるといいでしょう。

ベビーウェアは、通気性がよく薄めのものを着せてあげましょう。

さらに、足などが冷えるといけないので、レッグウォーマーなども用意しておくと安心です。

外出時、赤ちゃんをベビーシートやベビーカーに乗せる際には、背中に汗取りガーゼを入れておくと、背中の汗を吸収してあせも対策になります。

【関連記事】

赤ちゃんの汗取りパッドの必要性と手作りする方法!!
気づいたら、 赤ちゃんの背中が汗でグッショリ・・・ なんて経験ありますよね?? そんな時にあるとすごく便利なのが、汗取りパッドです!! 今回は、汗取りパッドの必要性と赤ちゃんの汗取りパッドの手作り方法についてのお話です。 赤ちゃん...

夏場の赤ちゃんは、冬場よりも体温管理が少し大変な気がしますが、自分で体温調整ができない赤ちゃんの為に、夏場はしっかりとパパママが管理してあげてください。

まとめ

赤ちゃんの夏の服装は、

自宅では基本的に肌着でOK

外出時は、肌着+ベビーウェア

で赤ちゃんの体温調節をしてあげましょう。

さらに、汗取りシートなレッグウォーマーなどを利用して、赤ちゃんのあせも対策・冷え対策をしてあげてくださいね。

愛おしい我が子の成長をしっかりと見ていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました