出産後に行う手続き一覧/夫がやるべき5つの届出!!/出産一時金の申請


スポンサードリンク

この記事は約 6 分で読めます。

出産を控えて、色々と不安な事ありますよね・・・

 

その中の1つとして、出産費用があると思います。

 

出産費用って、けっこう高いんですよね(-_-;)

 

出産自体が医療行為ではないから。。。

 

 

実際にどのくらいの出産費用が掛かるかは、病院によって異なります。

 

でも、公立病院よりも開業医の方が高いのは事実です^^;

 

で、この高額な出産費用を助成する制度が出産一時金なんです。

 

 

出産一時金は、申請をする必要がある助成なので、忘れないようにしてくださいね。

 

出産後の手続きは、出産一時金以外にもありますから、他の申請も忘れずに行いましょう!!

 

 

 

出産後の手続き一覧は、

①出生届け

出産後に行う手続き一覧/夫がやるべき5つの届出!!/出生届編

②児童手当申請

出産後に行う手続き一覧/夫がやるべき5つの届出!!/児童手当申請編

③乳幼児医療費助成の申請

出産後に行う手続き一覧/5つの届出!!/乳幼児医療費助成申請編

④健康保険への加入

出産後に行う手続き一覧/夫がやるべき5つの届出!!/健康保険加入

⑤出産一時金の申請

 

となります。

 

ここでは、⑤の出産一時金の申請についてお話します!(^^)!

 

 

そもそも出産には、いくらお金がかかるの??

syussan_akachan

先ほども言ったように、出産は医療行為ではないので健康保険の適用外となります。

 

 

その為、出産一時金という別制度があるんです!(^^)!

 

出産にかかる費用は一般的に、40~50万円かかります。

 

 

私の妻は、県立病院で出産しましたが、費用は50万弱でした^^;

 

 

しかも、安産で特別に何か処置があったわけでもなく、

普通に出産してこの金額です(T_T)

 

 

もし、出産の時間が深夜や早朝になった場合は、別途時間外診療の料金を請求されることもあります。

 

 

他にも、生まれたばかりの子供に何か処置が必要な場合にも、追加料金が発生します・・・

 

 

ほんと、出産ってお金が必要です。

 

 

でもお金がかかるばかりと考えると、出産に躊躇してしまう方もいると思うので、そこを助成してくれるのが出産一時金となります。

 

 

この出産一時金は、現在は子供1人あたり42万円が支給されます。

 

もし双子や三つ子の場合は、2倍・3倍となります。

 

よって、日中安産で生まれた場合には、出産一時金の42万円の中で納まるかもしれませんね。

 

 

なので、出産後の手続きでバタバタしないよう、事前に出産一時金の申請はしないといけません!(^^)!

 

 

出産一時金を受け取る為の条件

document_syorui_pen

SPONSORED LINK

出産一時金を受け取ろうと思ったら、最低限クリアする条件があります(^o^)丿

 

●国民健康保険・健康保険に加入している

●妊娠85日以上(4か月以上)での出産

※妊娠が85日以内(4か月以内)での出産になった場合は、出産一時金が40.4万円に減額されます。

 

この条件をクリアしていれば、出産一時金の申請が出来ます。

 

私は、サラリーマンでしたので、会社の社会保険に加入していました(^o^)丿

 

 

出産一時金の申請方法・申請先

eto_tori_couple

出産一時金は、家庭の健康保険の加入状況で申請場所が変わってきます!(^^)!

 

 

●妻が会社員又は公務員の場合
妻が勤めているのであれば、若しくは退職後6か月以内の場合は、妻の勤め先の健康保険へ申請をします。
勤務先の健康保険窓口へ申請しましょう。

 

 

●妻が専業主婦・夫会社員又は公務員
妻が専業主婦・若しくは退職後6か月以上経過しているようであれば、夫の健康保険へ申請するようになります。
夫の健康保険の窓口へ申請しましょう。

 

 

●妻が専業主婦・夫自営業の場合
妻が専業主婦・若しくは退職後6か月以上経過している。夫が自営業の場合には、国民健康保険への申請となります。
住んでいる自治体の健康保険の窓口で申請をしましょう。

 

 

このように、夫婦の現在の健康保険の加入状況によって、申請場所は変わってきますので、事前に確認しておきましょう(^o^)丿

 

 

 

出産一時金の受け取り制度は2通りある

denkyuu_on

出産一時金って、自分で申請するだけじゃないんです!(^^)!

 

実は、出産する病院が申請をして受け取りをする

 

直接支払制度

 

というのがあります。

 

 

ちなみに、自分で申請をして受け取るのを、代理受け取り制度と言います。

 

 

直接支払制度とは、病院が患者の代わりに健康保険に申請をして、病院側が直接受け取る制度です。

 

これは、病院によって対応しているかどうかは変わってきますが、

直接支払制度をりようすれば、わずらわしい手続きをしなくて済むので、

出産に集中できます!(^^)!

 

 

 

直接支払制度を利用する際は、病院側が用意する書類に署名するだけでOKです(^o^)丿

 

 

ちなみに、出産費用が42万円を超えなかった場合には、差額を受け取ることが出来ます。

 

今は、この直接支払制度を導入している産院がほとんどだと思います^^

 

 

帝王切開の場合の、出産一時金は??

場合によっては、出産が帝王切開になってしまうこともあるかと思います。

 

そんな時でも安心してください!!

 

帝王切開でも出産一時金は受け取ることが出来ます(^o^)丿

 

さらに、帝王切開は医療行為なので、奥様のの生命保険からも手術代などが支払われます!(^^)!

 

 

まとめ

出産一時金とは、出産する方の金銭的負担を軽減するための助成制度です。

 

国保や社会保険に加入していれば、受け取ることができるので、

ここは、確実に受け取りをしてくださいね。

 

 

出産後に手続きでバタバタしないためにも、出産前から下準備をしておくことをおすすめします!(^^)!

 

 

出産一時金の直接支払制度を利用することで、退院時の現金での支払いをする手間も省けますよ!!

 

 

スポンサードリンク

関連記事

赤ちゃんが入るお風呂!!ベビーバスを使います??/夫目線で考える

  赤ちゃんのお風呂は、旦那の仕事!!   子供が生まれたら、

記事を読む

赤ちゃん用の帽子!!超簡単な作り方!!手ぬぐい帽子w

暑い時期などは、我が子を散歩させるにも 熱中症などに気を付けないといけないですよね。。。 &nb

記事を読む

出産後に行う手続き一覧/夫がやるべき5つの届出!!/児童手当申請編

待望の我が子との対面( ^)o(^ )   でも・・・ 「親になった」という実感がま

記事を読む

赤ちゃんが泣きやむ音楽ってどんなの!?youtubeからオススメ5選!!

赤ちゃんのグズリって、対応が大変ですよね^^;   赤ちゃんは言葉が話せないので、自分

記事を読む

妊娠時、葉酸はいつからいつまで摂り続けるの??疑問にお答えします!

妊婦には葉酸が必要な栄養素であると言われ始めて 数年が経ちます。   妊活をしようと

記事を読む

赤ちゃんの100日を祝い!!記念写真に残しませんか??我が家は残しました!!

赤ちゃんが生まれて100日のお祝い お食い初め   このタイミングの赤ちゃんの表情っ

記事を読む

妊婦さんの臨月の過ごし方/旦那さんフォローしてますか??

  そこの旦那さん!!   臨月がいつからか、わかっていますか?? &n

記事を読む

妊婦さんは、車の運転はいつまでできる??妻が聞いた医師の見解!!

妊婦さんは、車の運転がいつまでできるかを悩みますよね。   産休に入っていなければ

記事を読む

稽留流産の手術後の妊娠は??妊活はいつから大丈夫??

稽留流産を経験して、手術後に次の妊娠を焦る方も多いと思います。   この記事を読んでい

記事を読む

赤ちゃんの沐浴する時間は、どのくらい??父ちゃんも知っとこう!!

  沐浴は父ちゃんの仕事だ~!!   って、奥様から言われていませんか??

記事を読む

Comment

  1. […] 出産後に行う手続き一覧/夫がやるべき5つの届出!!/出産一時金の申請 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • やかです。

    あなたの生活に変化をもたらしませんか?

    詳しいプロフール
    ⇒ やかプロフィール

PAGE TOP ↑